お気軽にお問合せください

定休日はございません。
お問合せはいつでもOKです。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

04-2937-6856

障害年金と児童扶養手当、児童手当との併給

児童手当は調整はありません

●児童扶養手当とは (毎年少しずつ金額が変わります) 

18歳未満の子を養育している、一人親のための手当で、かつて母子手当と言われていたが、父親にも範囲を広げて児童扶養手当と呼ばれるようになりました。ただ両親がそろっていても一方が障害年金の受給権がある場合にも支給されます。 

支給額は(満額の場合)(平成304月より)

児童1人の場合      42,500/

  児童2人目の加算額    10,040/

  児童3人目以降の加算額    6,020/月 

児童扶養手当にも所得制限があり、収入によって支給額が満額支給されないこともあります。 

障害年金との併給   

ほとんどの場合児童扶養手当は支給停止されます。

 〇 ひとり親の場合

   障害年金は全額支給されます。

児童扶養手当の方が障害年金の総支給額より多い場合のみその差額が支給されます。

 障害年金より児童扶養手当が多いことはほとんどありませんから、実質的には、障害年金を受給した場合はたとえ障害等級3級であっても児童扶養手当が受給できません。 一人親で、なおかつ親が障害者である場合、普通に就労はできないわけですから障害年金の額に係わらず、児童扶養手当さえもカットされることは、どうも納得できません。 

 〇両親のどちらか一方が障害年金(2級以上)の受給権がある場合

  障害年金は全額支給されます。

  児童扶養手当が、障害年金の子の加算額より多い場合にその差額が障害年金の受給権者の配偶者          に支給されます。    これはひとり親の場合に比べて、両親の一方は普通に就労できる状態のわけで   すから、かなり優遇されているとも言えます。

●児童手当とは 

0~15歳の日本国内に住所がある子供のいるすべての家庭に支給されるもので子どもの人数、年齢、によって支給額が変わります。

0~3歳未満         一律1万5千円/

3~12歳           ※小学校を卒業する直前まで1子、2子まで1万円/

               第3子以降は1万五千円/月 

中学校を卒業する直前まで  一律1万円/月 

又所得制限があり、所得制限以上の所得があるとき、児童手当は支給されませんが、代わりに児童手当特別給付金として15歳以下の子供に対して年齢にかかわらず一律5千円/月 支給されます。

児童手当と障害年金は併給されます。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談相談はこちら

04-2937-6856
受付時間
問い合わせはいつでもOKです。
定休日
無し

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

04-2937-6856

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2020/4/4

ブログを追加しました

2019/11/4
ブログを追加しました
2019/11/1
ブログを追加しました
2019/10/24
ホームページを公開作成しました

代表者ごあいさつ

小木曽 弘司

誠実・親切・丁寧な対応をモットーに、適切なアドバイスを心がけております。

障害年金のことでお困りなら、まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。 

アクセス・受付時間

住所

〒358-0002
埼玉県入間市東町1-1-35

アクセス

入間市駅から徒歩20分

受付時間

定休日はございません。
問合せはいつでもOKです。お気軽にご連絡ください。