お気軽にお問合せください

定休日はございません。
お問合せはいつでもOKです。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

04-2937-6856

初診が10年以上前でも受給できることがあります。

障害年金を受給するためには、次の三つの条件を満たす必要があります。

・初診日・保険料納付要件・傷害の状態

1 障害の原因となった「初診日」が特定できること。(初診日要件

初診日とは、障害の原因となった病気やケガで、初めて医師又は歯科医師の診断を受けた日のことで、例外はありますが、年月日まで、カルテ等で特定する必要があります。概ね以下のような場合が相当します。

・精神の障害:初めて精神科の医師の診察を受けた日。(精神科以外の医師でも初診日として認められる場合もあります)

・肢体の障害:ケガをしたり、脳卒中等で、救急搬送されて初めて医師の診察を受けた日

・先天的な障害であっても原則として、そのために医師の診断を受けた日が初診日となります。

しかし、カルテの保存期間は法律で5年と決まっていますので、カルテが無いと初診日が特定できないことがよくあります。そんな時は 初診日が特定できない場合の対応 を参照してください。

又、医学的な初診日では無く、障害年金独自の以下のような考え方があります。

・相当因果関係

・社会的治癒

2 保険料納付要件を満たすこと

 初診日の前日において、以下の要件を見たる必要があります。但し二十歳前障害の場合は納付要件はありません。そして、初診日において加入していた公的年金の制度によって、受給できる障害年金の種類(障害基礎、障害厚生、障害共済)が決まります。

3分の2要件 :初診日の前々月までに、国民年金、厚生年金等の全被保険者期間のうち、で3分の2以上の期間納付済み期間があること(免除、猶予、等は納付済期間になります)

直近1年要件 :初診日の前々月までの直近1年間に未納が無いこと。

3 障害認定日において、障害の状態が、別途定める障害認定基準に定める1級~3級の状態であること。認定日請求 

  障害認定日の時は症状が軽度であったが、その後悪化して1級~3級の状態になった場合(事後重症請求)も請求することができる。

  障害認定日とは、初診日から1年6月経過した日、若しくは二十歳に達した日のことです。但し例外として障害認定日の特例が定められています。

1級~3級のおおよその基準は

1級 ほぼ寝たきり状態

2級 日常生活が自力では難しい状態

3級 就労に大きな制限がある場合 

障害手当金:3級に該当しないが相当程度障害がある場合の一時金。(障害厚生年金の2年分)

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談相談はこちら

04-2937-6856
受付時間
問い合わせはいつでもOKです。
定休日
無し

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

04-2937-6856

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2020/4/4

ブログを追加しました

2019/11/4
ブログを追加しました
2019/11/1
ブログを追加しました
2019/10/24
ホームページを公開作成しました

代表者ごあいさつ

小木曽 弘司

誠実・親切・丁寧な対応をモットーに、適切なアドバイスを心がけております。

障害年金のことでお困りなら、まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。 

アクセス・受付時間

住所

〒358-0002
埼玉県入間市東町1-1-35

アクセス

入間市駅から徒歩20分

受付時間

定休日はございません。
問合せはいつでもOKです。お気軽にご連絡ください。