お気軽にお問合せください

定休日はございません。
お問合せはいつでもOKです。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

04-2937-6856

外国人の二十歳前障害について

二十歳前障害は、日本国籍は無くても世界中の誰もが受給権がある?

先日私が参加している事例研究会で、外国人の二十歳前障害の事例が発表されました。

一般的な障害年金については、たとえ外国人であっても、保険料の納付要件、初診日要件、障害の程度の必要な要件を満たせば受給できることは容易に想像できる。 

しかし二十歳前障害では、外国人に対する明確な要件を文書等で見たことが無く、保険料の納付要件が無いのでどのような要件に該当すれば、受給できるか非常に興味深かった。

今回のケースでは、10年ほど前から日本で単身で働いている。母国では奥様とは離婚していて(実際に離婚しているかどうかは不明)重い障害(1級程度)を持った子供がいたが、数年前(二十歳前)に来日し同居している。今は二十歳を過ぎているが、二十歳前に、母国でも、当然日本でも初診日がある。

今回のケースでは、障害の状態が1級か2級かでいろいろあったようだが、特に問題なく受給できたとのことでした。

年金の受給に国籍要件は無いので、少なくとも二十歳前に日本で初診日があり、二十歳後も日本に住所地があれば受給可能と思われる。

日本の周辺諸国には二十歳前障害のような制度は無いと思われるので、二十歳前に日本での受診歴があり(初診日があり)今現在日本に住所地があり、かつ障害の状態が継続していれば、一生年間100万円近いお金を受給できることになる。

非常に良い制度と思う反面、国籍の要件が無いので、世界中の誰もが、前記一定の条件があれば、日本で年金を納付しなくても、障害年金を受給できる権利があることになる。今後年金財政のひっ迫が予想され、税金の負担も大きい二十歳前障害についてそこまでする必要があるのか?という疑問もある。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談相談はこちら

04-2937-6856
受付時間
問い合わせはいつでもOKです。
定休日
無し

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

04-2937-6856

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2020/4/4

ブログを追加しました

2019/11/4
ブログを追加しました
2019/11/1
ブログを追加しました
2019/10/24
ホームページを公開作成しました

代表者ごあいさつ

小木曽 弘司

誠実・親切・丁寧な対応をモットーに、適切なアドバイスを心がけております。

障害年金のことでお困りなら、まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。 

アクセス・受付時間

住所

〒358-0002
埼玉県入間市東町1-1-35

アクセス

入間市駅から徒歩20分

受付時間

定休日はございません。
問合せはいつでもOKです。お気軽にご連絡ください。