大腸がんが骨盤に転移し、障害厚生年金3級

相談の内容  男性 50代

数年前大腸がんと診断され、手術の後、何とか仕事を継続していたが、1年ほど前、骨盤に転移し、激しい痛みのため、化学療法を開始した。会社は辞めてはいないが、障害年金の可能性はあるか?とのことでした。 可能性はあり、費用等を説明したが、その後忙しいとのことで連絡がしばらくの間無かった。
半年ほど経過した後、話を進めてほしいとの連絡がありました。

経過

年金事務所で年金の加入状況を確認すると、若いころ転職歴があり、一部に未確認の加入記録があったので、ご本人に就労履歴等を確認しながら、年金記録の修正手続きをしました。
注意事項を記載したメモを手渡して、ご本人に診断書を主治医に記載していただくよう依頼しました。
1ヶ月近くかかって診断書ができたので、その内容をチェックすると、がんが骨盤に転移していること、ステージⅣであること等の重要項目が記載されておらず、修正を依頼することになりました。なかなか修正していただけず、結局それからさらに1ヶ月以上経過してやっと、現在の症状をはっきり記載していただきました。大きな病院であったので、手続きに時間がかかったこと。主治医の先生が障害年金の診断書に詳しくなかったこと等が申請まで2ヶ月程度かかってしまった原因と思われます。

結果
3ヶ月ほどして障害厚生年金3級(事後重症)の受給が決定しました。
当初の診断書で提出していたら、不支給決定はほぼ確実でした。