相談事例 ( 2 )

双極性障害(躁うつ病)で障害厚生年金3級
相談内容 40代 男性 お父様からの相談でした。 工場の立ち上げを支援するかなり重要な仕事を担当し、他県に何年間か出張することもあった。数年前、単身出張中のプロジェクトで、仕事がうまくいかず、イライラしていた。 又社長が退任し、新しい社長と気が合わなかったようだ。そんな中で自殺行為をして、病院に搬送され、ここで双極性障...
気分変調症(うつ病)で障害厚生(共済)年金3級
相談内容 男性 50代 数年前に母親が病気で倒れて、その看病をしているうちに自分自身も落ち込み、食欲不振、不眠症になった。精神科で受診すると「気分変調症」と診断された。 当時国家公務員として働いていたが、転勤になって、職場環境になかなかなじめず、2~3ヶ月の間に3回も交通事故を起こしてしまった。 父親も認知症になり、面...
事例 発達障害で障害基礎年金2級を受給
相談の内容 お母さまからの相談でした。息子が大学で進路指導の参考資料作成のためとして心理テストを実施したが、その結果、他人と情緒的にかかわることが苦手で、自閉症スペクトラムの傾向があると指摘された。 そう指摘されてみると、幼いころ、言葉の数が少ないことを、先生から指摘はされてはいたが、小学校、中学校、高校、大学と成績は...
末期がん(再発については社会的治癒は認められない)
10年位前に胃がんと診断された。その当時はまだ初期段階で、手術はせず、仕事を続けながら温熱療法等の自由診療を行っていた。しかし2~3年経過すると胃がんが進行したので 胃がんの摘出手術を受け、その後、約1か月後職場復帰し再発防止、転移防止のため抗がん剤治療を行った。 術後ほぼ1年で抗がん剤治療は終了し、転移は無く、胃がん...
精神の障害 パニック障害 うつ病
結婚後しばらくして、個人事業主のもとで事務の仕事をお手伝いのような形で事務の仕事をすることになった。しかし事業主はほとんど外出で事務所に女性が一人きりの状態で、いろいろな業者が出入りし急に不安なるようになり、やがてその不安が恐怖感のようなものになり、毎日イライラし不安な日々が続いた。ある日、急に呼吸困難になりその場で倒...
精神の障害 統合失調症
性格は非常にまじめで、学業も優秀だった。ただ人混みが嫌いで、満員電車に乗ると緊張し非常に疲れがたまることが多かった。大学を卒業してもなかなか希望する会社への就職が決まらなかった。いつまでも無職というわけにもいかないので、大手運送会社で配達の仕事を準社員としてはじめた。ここでの人間関係は思わしくなく、同僚とのトラブルが何...
眼の障害  視野障害
5年ほど前、緑内障と診断されて徐々に視野が狭くなってきた。視力はさほど問題は無いが、かろうじて歩行できるくらいに視野が狭くなってきた。日常生活に支障はあるが何とか買い物に行ける程度である。依頼を受けた時、障害認定基準を確認したが、専門的な用語が多く、視力と違って、具体的なイメージが全く分かりませんでした。仕方が無いので...
精神の障害事例 2
状況 うつ病で会社を退職した。障害年金を自分で申請したが不支給決定となったので、不支給決定になった理由と可能ならば不服申し立ての手続きをしてほしいとの要請がありました。診断書の内容を見ると症状が非常に軽く3級にも該当しない内容でした。このままでは審査請求はできない。申請する前に相談してくれれば何とかなったかもしれないが...
精神の障害事例
状況 中学生の時いじめで不登校になり、自宅で引きこもりになった。高校にも進学できなかった。 極端な潔癖症でシャワーを30分、トイレに2時間といった状態で心療内科では神経症の一種と診断された。 その後症状がひどくなり、両親に対して暴力をふるうことさえあった。 両親は将来を心配していろいろ調査し、社会復帰プログラムの充実し...
肢体の障害事例
<障害手当金> 状 況 運送会社で主に倉庫内で荷物の運搬、整理をしていたが、両足のすねのところに違和感があり、痛みを感じにくくなった。徐々に足が腫れ、腰に痛みが出てきてだんだんひどくなり、両足を引きずるようになった。両下肢痙性麻痺、胸髄圧迫症と診断され、椎弓切除、椎弓形成手術しリハビリ後でも、ほぼ常時杖が無...