うつ病と診断されたら

うつ病、躁うつ病(双極性障害)統合失調症 等の精神病と診断されて

① 仕事ができない。
引き籠り状態である。
② 会社を辞め(休職)ざるをえなくなった。
③ 以前と比べて単純で短時間の労働しかできなくなった。(労働制限)
④ 障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)を持っている。
1級2級の場合は障害年金でも同様の等級になる可能性があります。
⑤ 医師から障害年金を勧められた。

こんな時は障害年金を考えてみてください。
うつ病の認定基準

1級 高度の気分、意欲・行動の障害及び高度の思考障害の病相期があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時の介護が必要なもの
2級 気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、なおかつ、これが持続したり又はひんぱんに繰り返したりするため、
日常生活が著しい制限を受けるもの※日常生活が著しい制限を受ける程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。
3級 気分、意欲・行動の障害及び思考障害の病相期があり、その病状は著しくないが、これが持続したり又は繰り返し、労働が制限を受けるもの

上記の認定基準から分かるように2級、3級の基準に明確な線を引くことができず、結局のところ総合的な判断で決定される場合が多々あります。
医師の診断書も、日常生活の判断は微秒で10人の医師が同じように判定することは難しいと思われます。
特にご自身で申請される場合は、この他初診日の確定、申立書の作成などかなり厳しい作業となると思います。
一度社労士などの専門家に相談されることお勧めします。
年金事務所では診断書の記載内容についてまでアドバイスはしてくれません。