保険料の法定免除は、納付しても良い。

先日、障害年金の無料相談で「障害年金を受給すると国民年金の納付が免除になるそうですが、納付しないと老齢年金が目減りするので、納付することはできませんか?」との質問がありました。
2級以上の障害年金を受給している場合、国民年金の納付は法定免除となり、認定された日の前月からその対象になります。その場合は国民年金保険料免除事由(該当・消滅)届を市役所又は町村役場に提出して下さい。この場合、受給できる老齢基礎年金の額が半額となります。よって、それ以降障害の程度が軽くなって(65歳以降も含む)障害等級に該当しなくなった場合、65歳以降に受け取る老齢年金が目減りすることにもなります。従って、障害の程度が軽くなる可能性がある場合は、経済的に少しでも余裕がれば、国民年金が法定免除であっても、あえて納付する選択もあります。