自分で書くことは信用されない?

以前、再審査請求時の公開審理を見学した際、審査官の一人が雑談の中で「申立書の症状は大体オーバーなんだよね」といった意味のことを言っておられました。
確かに私の経験では、申立書に記載した症状は、審査請求、再審査請求の決定書には全く反映されていませんでした。
傷病の症状については、診断書にきちんと主治医の先生に記載して頂くことが大切です。症状について、自分で自分自身の事を記載した申立書はもちろん、その他の資料について、良く書くことは信用されても、悪く書くことはほとんど考慮されないと考えて良いでしょう。
又、就業している場合、仕事場で受けている援助の内容、他の従業員との意思疎通の状況等について、自分で自分の事を記載しても、良く書くのは信用されても、悪く書くのは無視されると考えてもよさそうです。
診断書、もしくは追加の資料で、職場の責任者、や上司等にこれらについてきちんと記載して頂くのが大切です。