不支給決定の理由を確認するには?

障害年金の裁定請求をすると
① 支給決定の場合は年金証書が送付されます。
② 不支給決定の場合は不支給である旨文書で連絡がある。

不支給の場合その理由は全く記載されておらず、不服申し立て(審査請求)をしようと思っても、不支給の理由がはっきりしていないと、不服申し立ての論点がずれてしまいます。
よって不服申し立てをする場合には理由を知ってから、「審査請求の趣旨及び理由」を記載したほうが良い。
不支給の理由を確認する方法の1つに個人情報の開示請求があります。

開示請求の方法は、年金事務所で手続きができます。
 国民年金・・・障害状態認定調書
厚生年金・・・障害状態認定表
を送付していただく。
① 手数料300円
② 本人確認の運転免許証か健康保険証
③ 住民票
④ 本人又は法定代理人しかできません。
社労士などの代理人は不可

 
 厚生労働省のHPから申請書類をダウンロードして、最寄りの年金事務所
等に書類を送付する方法もあります。