傷病手当金と障害年金は併給される場合がある。

傷病手当金を受給中に同一の傷病で障害年金の受給権が発生することがあります。
基本的には、傷病手当金と障害年金は併給されず、障害年金が優先して支払われます
従って、障害年金の受給権が発生したら、健康保険の保険者(健康保険組合、協会けんぽ)
に届出る必要があります。
届け出をしないと後で返還を求められます。
障害厚生年金1,2級の場合は、障害厚生年金と障害基礎年金の合算額が、傷病手当金の減額の対象になります

通常は傷病手当金の対象となった傷病は厚生年金加入期間中に初診日がある場合がほとんどですが、稀に厚生年金に加入していない期間(国民年金加入期間)に初診日がある場合があります。
この場合は障害基礎年金のみですので、併給ができますよって保険者に届ける必要がありません。