障害厚生年金と障害基礎年金は併給されない場合がある。

厚生年金加入中の障害で3級の障害厚生年金を受給中に、会社を退職し、国民年金に加入した。 その後障害厚生年金の受給の原因となった傷病とは別の傷病で障害基礎年金2級の受給権を得ると、どうなるのか?
この場合、2つの傷病の初診日が前発は厚生年金、で後発障害が国民年金なので、併合認定はされず、はじめて2級の障害年金とはなりません。よって3級の障害厚生年金と2級の障害基礎年金のどちらかの選択になります。

狭山市、所沢市の障害年金はお任せください。