初診日

初診日よって、国民年金なのか厚生年金なのか、もしくは保険料納付要件を満たすことができずに、受給できないかが決まります。障害年金を申請するにあたっては、最初にチェックすべき項目です。
初診日とは、障害の原因となった傷病について初めて医師又は歯科医師(医師等)の診療を受けた日と事を言います。
具体的には以下の通りです。
1. 同一の傷病で転院した場合は、最初に医師等に診療を受けた日
2. 過去の傷病が治癒し同一の傷病で再度発症している場合は、再度発症し医師等の診療を受けた日。
但し治癒したと認められない場合は、傷病が継続しているものとして取り扱われます。

  医学的には治癒していないとされる場合であっても「社会的治癒」(注1)として認められる場合には過去の傷病と再発傷病は同一の傷病であっても、別傷病とされます。
3. 傷病名が確定しておらず、対象傷病と異なる傷病名であっても、同一傷病と判断される場合には、他の傷病名の初診日が対象傷病の初診日となる。
誤診であっても、初診日として認められる場合があります。
4. じん肺症についてはじん肺と診断された日
5. 障害の原因になった傷病の前に「相当因果関係」(注2)あると認められられる傷病がある場合には、最初の傷病の初診日が対象傷病の初診日となる。
6. 先天性の知的障害は出生日
先天性とされる発達障害は、最初に発達障害と診断された日となります。
7. 先天性の心疾患、網膜色素変性症などは具体的な症状が出現し、初めて診療を受けた日
8. 先天性股関節脱臼は完全脱臼したままで生育した場合は出生日が初診日、青年期以降になって変形性股関節脱臼が発症した場合は、発症後初めて診療を受けた日

注1 社会的治癒

症状が安定し特段の療養の必要が無く、長期間自覚症状や他覚症状に異常が見られずに
普通に生活ができて、就労もできている期間が長期間ある場合に「社会的治癒」とされます。概ね5年程度、受診している期間、服薬している期間がないことが目安となりますが、
診断書、病歴・就労状況申立書等の内容によって個別に判断されます。
期間が5年未満であっても、服薬している期間があっても認められている場合もありますので、あくまでも個別の判断となります。

注2 相当因果関係
相当因果関係ありとされている具体的な例示は以下の通りです。
1. 糖尿病と糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性壊疽(糖尿病性神経障害・糖尿病性動脈閉鎖症)
2. 糸球体腎炎(ネフローゼ含む)、多発性のう胞腎又は慢性腎炎に羅患し、その後慢性腎不全を生じたものは、その期間が長いものであっても相当因果関係ありとされる。
3. 肝炎と肝硬変 肝臓がんも含む
4. 結核の化学療法の副作用として聴力障害を生じた場合
5. 手術等の輸血により肝炎を併発した場合
6. ステロイド投薬による副作用で大腿骨頭無腐生壊死が生じた場合
人工関節の場合に可能性あり
7. 事故又は脳血管疾患による精神疾患がある場合
8. 肺疾患に羅漢し手術を受け、その後呼吸不全を生じたものは、その期間が長いm斧であっても相当因果関係ありとされる
9. 移転性悪性新生物は、原発とされるものと組織上一致するか否か、転移であることが確認できたものは、相当因果関係ありとされる。

相当因果関係なし
1. 高血圧と脳出血・脳梗塞 (医学的には因果関係はあるとされている)
脳梗塞・脳出血は倒れた日が初診日になるが、心臓の病気を持っている場合(心源性脳梗塞)は、心臓病の初診日
2. 糖尿病と脳出血・脳梗塞
3. 近視と黄班部変性・網膜剥離・視神経萎縮