児童扶養手当と障害年金

児童扶養手当は母子家庭、父子家庭に支給されます。父又は母が障害基礎年金を受給している場合にも支給されますが、児童扶養手当と障害基礎年金の子の加算は、両方ともは受給できません。

児童(子)とは18歳に達した日以降最初の3月31日まで、障害がある場合は二十歳まで

児童扶養手当の額
児童1人   所得に応じて月額9,990円から42,320円までの10円きざみの額
児童2人   児童が1人のときの額に10,000円を加算
児童3人以上 3人目から児童1人増すごとに6,000円を加算

障害基礎年金の子の加算額 (所得制限なし)
子が1人   月額18,533円 
子が2人   1人の時に18,533円を加算 
子が3人以上 2人の時に1人につき6,175円を加算

● 母子家庭又は父子家庭で障害基礎年金を受給している場合
児童扶養手当は支給されない。

***これに対しては合理的でないとする意見が多くあります***

● 両親のうちどちらかが障害基礎年金を受給している場合
子の加算より児童扶養手当の方が多い場合、その差額が支給される。

この場合、法改正の時期、両親の所得、子供の人数によって計算が非常に複雑なので要注意です。

特に遡及適用の場合は、平成23年4月1日と平成26年12月1日に法改正がされているので、特に注意が必要です。