申立書の記載内容はあまり重要視されない

先日、ご自身で精神の障害年金の申請された方の病歴・就労状況等申立書(以下申立書)を拝見する機会がありました。それを見ると、発病から現在まで約10年間の状況が数ページにわたってぎっしり書かれていました。ご自分の病気の経過を、審査者にきちんと把握していただくために、1年以上かけて作成されたとのことでした。私が、診断書の記載内容と見比べながら、この内容でしたら、1ページで十分です。というと、相当ショックだったようです。

申立書について改めてそのポイントについて以下に記載しておきます。

1.   障害等級の判定には1割程度の重みしかない。という人もいる。

元審査官によれば、多くの場合、申立書の記載内容は、診断書その他の資料との整合性確認するために内容を確認する程度であるとのことでした。

2 .  症状の記載内容はあまり信用されない。

ある関係者(保険者等)によれば、「症状は皆オーバーに書いている」といった感覚で記載内容を見ている。実際ところほとんどが、診断書に記載されている症状をより強調し、さらに重症のような記載がほとんどだそうです。

従って症状については、きちんと診断書に記載していただくことが大切です。

  • 3 .  薬の処方については、精神の場合、特に副作用で苦しんだ等の特別な理由が無い限り記載する必要はない。

4. 記載内容が判定にプラスになることはほとんどない。

診断書に記載された内容より。症状が軽度の場合は申立書を優先されることがあるので、マイナス材料にならないように注意する必要がある。

  • 5.  審査請求、再審査請求では、申立書の記載内容が問題になることはほとんどない。

私が係った審査請求、再審査請求で申立書の記載内容については、常に全く議論の対象外でした。

6.  それでもきちんと書く。

前述のように、数枚も書く必要は無いが誠実にきちん記入要領に従ってください。特に微妙な判定の場合には、プラスに考慮されるかもしれません。

以上