外国人の二十歳前障害の障害年金

先日私が参加している事例研究会で、外国人の二十歳前障害の事例が発表されました。

一般的な障害年金については、たとえ外国人であっても、保険料の納付要件、初診日要件、障害の程度の必要な要件を満たせば受給できることは容易に想像できる。

しかし二十歳前障害では、外国人に対する明確な要件を文書等で見たことが無く、保険料の納付要件が無いのでどのような要件に該当すれば、受給できるか非常に興味深かった。

今回のケースでは、10年ほど前から日本で単身で調理師として働いている。母国では奥様とは離婚していて(実際に離婚しているかどうかは不明)重い障害(1級程度)を持った子供がいたが、数年前に来日し同居している。今は二十歳を過ぎているが、二十歳前に、母国でも、当然日本でも初診日がある。

今回のケースでは、障害の状態が1級か2級かでいろいろあったようだが、特に問題なく受給できたとのことでした。

年金の受給に国籍要件は、無いはずなので、少なくとも二十歳前に日本で初診日があり、二十歳後も日本に住所地があれば受給可能と思われる。

日本の周辺諸国には二十歳前障害のような制度は無いと思われるので、日本に住所地があり、障害の状態が継続していれば、一生年間100万円近いお金を受給できることになる。非常に良い制度と思う反面、年金財政は大丈夫だろうか?とも思う。