障害年金支給要件とは

(1)初診日要件
国民年金、厚生年金、共済年金の被保険者期間中に、障害の原因となった病気やケガに対して医師または歯科医師の診察を受けることが必要です。
この診察を初めて受けた日のことを「初診日」といいます。

なお、年金制度に未加入であった20歳前の傷病により障害の状態になった場合や、国民年金に加入したことのある人で、60歳~65歳未満の間に初診日のある傷病により障害の状態になった場合は、障害基礎年金の対象となります。

65歳以後に初診日がある場合、障害年金の対象とはなりません。

(2)保険料納付要件

初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち3分の2以上の期間が保険料を納めた期間(第3号被保険者期間も含む)もしくは 保険料を免除された期間であること

学生納付特例又は若年者納付猶予の対象期間も含まれます

ただし、上記の要件を満たせなくとも、当分の間、初診日の前日において初診日の属する月の前々月までの1年間のうちに保険料の未納期間がない場合には、保険料納付要件を満たしたものとされます。なお、被保険者でない20歳前の傷病により障害の状態になった方については、保険料納付要件は問われません。

(3)障害認定日要件

障害認定日において、一定の障害があることが必要です。
障害認定日とは、本来の障害の認定を行うべき日のことをいい、初診日から起算して1年6ヶ月を経過した日、をいいます。

又 障害認定日に一定の障害の状態に無くても、その後悪化して、一定の障害の状態になった場合は
年金を受けることができる場合があります。これを事後重症と言います。
事後重症の場合は65歳を過ぎたら申請できません。

ただし、1年6ヶ月以内に症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った場合は上記の内容に関わりなく請求手続きができます。これを障害認定日の特例といい、下表の通りです