障害認定日の特例

障害認定日は、原則として初診日から1年6ヶ月を経過した日ですが、1年6ヶ月以内に症状が固定し、治療の効果が期待できない状態に至った場合は、その日が障害認定日となります。

主な特例は以下の通りです。

人工透析・・・・・・3ヶ月を経過した日
人工関節、骨頭・・・装着した日
ストマ装着・・・・・6ヶ月経過した日
手指等の切断・・・・切断した日
脳血管疾患による・・6ヶ月を経過した日
肢体の障害     リハビリ中は不可の可能性
心臓ペースメーカー・・・・装着した日