病歴就労状況等申立書のポイント

Point 1

病歴就労状況等申立書(申立書)は自分で病気の経歴、症状を記載するものですが、等級判定ではあまり重要視さていないようです。かといって適当に書いていいとゆうわけではありません。
第一のポイント

診断書、受診状況等証明書(初診証明)の記載内容と一致している、矛盾していないことが最も重要です。

Point 2

病歴就労状況申立書(申立書)はあくまでも診断書の補足資料、参考資料です。

申立書には指示された記載項目(通院期間、受診回数、治療経過、日常生活状況、就労状況等)のみを簡潔に、記載して下さい。
長ければ良いというわけではありません。又特に身内の不幸、収入が無い、生活が苦しいといったことは、障害年金認定に当たって直接関係が無いので
極力記載しないようにしてください。