傷病手当金との調整

業務上の理由以外の病気やケガで仕事ができなくなり、会社を休業したり、退職せざるを得ない時は”傷病手当金”を受給できることがあります。
傷病手当金は療養のため労務に服することができず、継続した3日間の待期を満たした人に、標準報酬の3分の2の額が、支給が始まった日から最大で1年6ヶ月支給されます。

障害年金と傷病手当金は併給されません。

通常は障害年金より傷病手当金の方が多く、この場合は障害年金が全額支払われ差額が傷病手当金として支給されます。
障害年金の方が傷病手当金より多い場合は傷病手当金は支給されません。