65歳を過ぎてからの請求はできない?

障害年金の相談をしていると、65歳を過ぎた方から、足が悪くなってきて歩くことができなくなった、心臓が悪くて働けない、等の症状で障害年金はもらえないか?といった質問がかなりあります。
基本的な考え方は、65歳を過ぎると、若いころと同じように働くことができなくなり、年を重ねるごとに運動能力等も衰えていきます。だから65歳から老齢年金を受給できる権利が発生します。すなわち原則として65歳以上は老齢年金をの対象であって、障害年金は対象外です。もし障害年金も請求出来たら、極論ですが、高齢者は全員障害年金の対象者になってしまいます。
65歳前で老齢年金を繰り上げ請求した人も65歳になったとみなされて原則として障害年金は請求できません。

しかし例外があります。次回にはその例外について記します。