65歳を過ぎてからの請求

原則として、障害年金は65歳を過ぎてから(老齢年金の繰り上げ請求をした人も含む)請求はできません。しかし以下のような例外があります。

① 初診日が65歳前にあり、障害認定日が65歳以降にある時。

老齢年金を繰り上げ請求した場合は、初診日が被保険者期間中にあるか、そうでないかによって障害認定日が繰り上げ請求日以前でないと
請求できない場合があります。要注意です。

② 障害認定日が65歳前にあり、65歳以後に障害認定日請求をするとき。
障害認定日の頃の診断書の内容から、障害等級に該当する状態で
あれば請求できます。この時は当然障害認定日当時のカルテがあることが条件です。

③ 65歳を過ぎても国民年金、厚生年金の被保険者であるとき。
厚生年金(又は共済年金)に加入している為、初診日前の過去1
年間に滞納月が無い場合でも、傷病の初診日が65歳以降の期間
にある場合、過去の年金制度加入月数に対して年金保険料の納付
月数と免除月数の合算月数が2/3以上あることが必要です。