額改定請求 その1

額改定請求は受給権取得日又は厚生労働大臣の診査日から起算して1年を経過した日後でなければ行うことができません。しかし精神疾患以外の傷病で下記の事例のように病状が急激に悪化した場合は額改定請求ができます。

1年を経過しなくても額改定請求ができる主な事例

1 両眼の視力の和が0.04以下のもの 1級
2 両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの 2級
3 8等分した視野のそれぞれの方向につき測定した両眼の視野がそれぞれ5度以内のもの 2級
4 両耳の聴力レベルが100デシベル以上」のもの 1級
5 両耳の聴力レベルが80デシベル以上のもの 2級
6 咽頭を全て摘出したもの 2級
7 両上肢の全ての指を欠くもの 1級
8 両下肢を関節以上をで欠くもの 1級
9 両上肢の親指及び人指指又は中指を欠くもの 2級
10 一上肢の全ての指を欠くもの 2級
11 一下肢を足関節以上で欠くもの 2級
12 4肢又は手指もしくは足指が完全麻痺したもの
13 心臓を移植したもの又は人工心臓装着したもの 1級
14 心臓再同期医療機器を装着したもの 2級
15 3ヶ月を超えて人工透析をしているもの 2級
16 6月を超えて継続して人工肛門を装着しかつ人工膀胱を使用しているもの 2級
17 6ヶ月を超えて人工肛門を装着しかつ尿路の変更処置を行ったもの 2級
18 脳死状態になったもの 1級
*障害の程度によって障害の程度を認定する。