障害者手帳を持っているけれど

障害者手帳は主に3種類あります。
身体障害者手帳
精神障害者保健福祉手帳(精神障害の方)
療育手帳(知的障害の方)

障害年金と障害者手帳は別の制度です。申請窓口も審査機関も異なります。これらの障害者手帳の等級と、障害年金の等級は審査の基準が違うため基本的には関係がありませんが、精神障害の場合の1級2級はおおむね一致していると言われています。
障害者手帳には初診日要件、保険料納付要件が無く、障害年金よりハードルが低いと言えます。

障害者手帳を持っているが、手続きの煩雑さからか障害年金は受給していない人が多いと福祉関係者の方からよく聞きます。諦めないで一度相談してみてください。