お気軽にお問合せください

定休日はございません。
お問合せはいつでもOKです。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

04-2937-6856

森田療法について(心の自然治癒力を高める)

特にパニック障害等の神経症の方は森田療法を検討されてはどうでしょう?

2~3年前、障害年金の手続きをした方が、かつて森田療法で治療を受けていたことを知りました。障害年金に係わるようになって精神疾患で手続される方が非常に多い中で、森田療法での治療経験があるはこれまでにこの方一人しかありません。しかし森田療法についていろいろ調べていくうちに、薬物療法ではなく、精神療法に重きを置き心の自然治癒力を高める森田療法について知っていただきたいと思うようになり、障害年金とは直接関係がありませんが、ここで簡単に紹介しておきます。 

1 「かくあるべき」 から 「あるがまま」へ

  森田療法の基本原理は 自分らしく「あるがままに」です。

不安や恐れ、落ち込みが増大するのは「かくあるべき」こうあるべき、と言った思いにとらわれて、自分を責めたり、その状況から逃避したくなったりすることから来ることが多い。例えば「いい人と思われたい」「期待に答えたい」「うまくやりたい」と言った「かくあるべき」と言った思いが、達成できなかつたり、自分の思いがかなわなかったとき無理にそこから脱却するために何とかしようともがくのではなく、今の「あるがまま」の自分と付き合ってみようと考えて、自分をよりよく生かしていくことを目標にしています。

2 薬物療法ではなく、精神療法を基本とする。

  精神療法とは薬物によって脳の神経伝達物質等をコントロールする方法と違い、精神症状を引き起こす根本にアプローチする治療法です。昨今ほとんどの精神科医が薬物療法を基本的な治療方法としています。それほど重度とは思えない方に、10種類以上のお薬が処方されていることも多々あります。 精神疾患の薬には特効薬はなく、必ず副作用もあり、できることならあまり薬を使わず、自力で治したいと考えている方も多いのではないでしょうか?

ただ森田療法では薬を使わないわけではないですが、限られた範囲で薬物療法がおこなわれるようです。 

3 森田療法が効果的な病気

 一般的には神経症と言われる、不安症、強迫症、恐怖症、身体症状症、パニック障害、

 潔癖症、うつ病、一部の心身症等が効果的とされています。統合失調症、パーソナル障害、依存症などはあまり治療を行わないようです。 

入院療法が基本ですが、外来療法も受けることができます。

  入院療法は一般的には23月必要とされていますが、1月程度の短期入院も効果を

  あげているようです。入院が難しい方は外来療法もしています。日記療法等森田療法独自の治療方法がとられます。 

森田療法をもっと詳しく知りたい方はこちら

5 森田療法医療機関 (関東地区) 

  慈恵医科大学病院 森田療法センター (入院可能)

  東邦大学医療センター大森病院   (入院可能)

  その他 15か所程度のクリニック等(外来のみ)があります。 

 森田療法は認定医、認定心理療法士等によって行われます。

 

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・相談相談はこちら

04-2937-6856
受付時間
問い合わせはいつでもOKです。
定休日
無し

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

04-2937-6856

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

2022/7/3

事例(発達障害とうつ病で障害基礎年金2級)を追加しました。

2022/6/14

事例(腎臓病で人工透析、障害厚生年金2級受給)を追加しました

2022/6/9

ブログ(森田療法について)を追加しました。
2022/5/29
事例(高次脳機能障害、モヤモヤ病で障害厚生年金2級受給)
2019/10/24
ホームページを公開作成しました

代表者ごあいさつ

小木曽 弘司

誠実・親切・丁寧な対応をモットーに、適切なアドバイスを心がけております。

障害年金のことでお困りなら、まずはお気軽にお問合せ・ご相談ください。 

アクセス・受付時間

住所

〒358-0002
埼玉県入間市東町1-1-35

アクセス

入間市駅から徒歩20分

受付時間

定休日はございません。
問合せはいつでもOKです。お気軽にご連絡ください。